クラッシュ 4K無修正版

すべてのモラルを破壊して、欲望は衝突する。
問題作であり唯一無二。異形の傑作がクローネンバーグ監督自身の監修により完全なる形でよみがえる。

F・フォード・コッポラが猛反対、マーティン・スコセッシが大絶賛。
フェティシズムの最果てを描いた究極のR-18問題作が鮮やかに蘇る。
SF作家J・G・バラードによる同名小説を、『ザ・フライ』(86)、『裸のランチ』(91)などで知られるカナダの鬼才デヴィッド・クローネンバーグ監督が映画化。自動車事故により性的興奮を覚える人々を描いた危険度100%究極の偏愛を描いた傑作が、製作から25年を迎え鮮烈に帰ってくる。
当時、審査委員長を務めたフランシス・フォード・コッポラからは反対されるも、第49回カンヌ国際映画祭で審査員特別賞を受賞。フランスの映画雑誌「カイエ・ドゥ・シネマ」が選ぶ1996年の映画ランキングで堂々の1位を獲得。さらにマーティン・スコセッシ監督が選ぶ1990年代のベスト映画にもランクイン、と数々の称賛を浴びる一方で、その過激な性描写が問題視され、イギリスの新聞「デイリー・メール」紙が1面で上映禁止を呼びかけるなど、賛否両論を巻き起こした。
撮影は『戦慄の絆』(88)以降のクローネンバーグ作品全てで撮影を手掛けたピーター・サシツキーが担当。今回の上映素材は、長らく消失したと思われていた35mmオリジナルネガがカナダで発見されたことを機に3ヶ月かけてサシツキー監修のもと4K化し、クローネンバーグが最終承認を与えた素材である。
死と隣合わせの危険な快感への目覚め、人体損壊と車体の破損への欲求と美意識……。後戻りできない世界にどこまでも堕ちていく姿を、クローネンバーグならではの映像世界で描ききった異常に満ちた唯一無二の傑作。危険な欲望への扉が、ふたたび開かれる。

ある日、映画プロデューサーのジェームズは車で正面衝突事故を起こした事をきかっけに、事故の体験により新たなエクスタシーを開拓するグループ=カー・クラッシュ・マニアの会の存在を知り、その世界にのめり込んでいく。

『クラッシュ 4K無修正版』 公式サイト